指定信用情報機関に登録される信用情報

指定信用情報機関に登録される信用情報

指定信用情報機関に登録される信用情報には以下のことなどがあります。

個人情報として「氏名・生年月日・性別・住所・電話番号・勤務先の名称と電話番号・運転免許証の番号(運転免許証が無い場合は本人確認書類の記号番号)」、契約情報として「貸金業者名・契約日・貸付日・契約金額・貸付金額」、利用状況として「入金日・貸付残高・完済日・延滞」、返済事故である「債務整理・保証履行」、それにカードローンの申込記録などです。

そして、貸金業法では指定信用情報機関同士の情報交流を義務化しているため、JICCとCICは「FINE(フィナンシャル・インフォメーション・ネットワーク)」という情報交流システムによって残高情報などの相互交流を図っています。

 

ちなみに、銀行業界には全国銀行個人信用情報センター(KSC)という指定信用情報機関を持っています。

 

そして、JICCとCIC、及びKSCとの間では「CRIN(クレジット・インフォメーション・ネットワーク)」というシステムによってお互いの保有する信用情報の内、延滞や紛失・盗難などの情報を交流しています。

 

なお、銀行のカードローンでは通常、貸金業者が保証会社になっているため、JICCやCICの信用情報も貸出を決める審査に利用されています。