キャッシング審査における指定信用情報機関

キャッシング審査における指定信用情報機関

今でも消費者金融のカードローンを利用している人の中には、「消費者金融のカードローンで年収制限に引っ掛かったら、クレジットカードのキャッシングを利用すれば良い」と思っている人が少なくありません。

 

確かに、消費者金融とクレジット会社は同じ貸金業者でも業界が違うため、情報が伝わることはないだろうと思うのも無理はありません。プロミスとオリックス銀行が業界が違うのでばれないだろうと思っている人が大半だと思います。

 

しかし、現在では貸金業法による「指定信用情報機関制度」によってカードローンやクレジットカードを利用してキャッシングを行うと、その情報は指定信用情報機関に登録されるようになっており、しかも、指定信用情報機関同士が情報の交流を図っているため、個人の信用情報はすべての貸金業者が共有しています。

 

従って、利用者が貸金業者を変えたとしても、年収制限以上の借入をできることはあり得ません。

 

ところで、指定信用情報機関には日本信用情報機構(JICC)とシー・アイ・シー(CIC)の2つがあり、すべての貸金業者がどちらかに加盟することが義務付けられています。

 

JICCには主に消費者金融が加盟しており、CICには信販会社やクレジット会社が加盟しています。ただ、決まりがあるわけではないのでどちらに加盟しても構わず、実際に両方に加盟している業者も少なくありません。