日本貸金業協会の会員番号で見分ける方法

日本貸金業協会の会員番号で見分ける

2つ目の登録番号が、「日本貸金業協会・会員番号」です。日本貸金業協会というのは平成19年に内閣総理大臣の認可によって設立された自主規制機関です。

 

あくまでも認可法人ではありますが、公的な面も併せ持っているため、会員になっている業者を選んだ方が安心です。現在は貸金業登録業者が約2000社ありますが、その内の6割弱の約1200社が日本貸金業協会に加盟しています。

 

なお、貸金業法によって貸金業者には事業所内の見やすい場所に「貸金業者登録票」と、貸出金利や返済方式などを記載した「貸付条件表」を掲示することが義務付けられています。

 

従って、事業所に入ったらまず所内を見回して掲示されていることを確認することが肝心です。さらに、違反広告にも罰則規定が設けられているため、以下のような文面を掲載している業者は疑ってかかるべきです。

  • 実質年率以外の利率を目立たせる記述
  • 数字の明示をせずに、他業者の金利よりも低いと思わせる記述
  • 他業者の利用者や返済能力の低い人を勧誘する記述
  • 無条件や無審査で借入ができると誤解させるような記述