カードローンの利用における注意点

カードローンの利用における注意点

カードローン利用時における注意点の画像

カードローンはどこの業者のものでも無担保・無保証人で借入がしやすく、コンビニのATMから気軽に現金が手に入れられるため、お金が必要になった時に安易に利用しがちです。

 

しかし、カードローンを利用するということは借金をするということであるため、利用に際しては細心の注意が必要です。

毎月の返済日は必ず守ること!遅れる場合は連絡をする!

まず、絶対に守らなければならないのが返済期日です。現在のカードローンはいくつかの返済期日の中から都合の良い日を選べたり、自分で自由に返済期日を指定できたりするので、給料日後など確実に返済できる日を設定するようにします。

 

そして、例え利用限度額まで借入枠が残っていたとしても、自分で返済能力を判断し、余裕を持って返済できる金額だけを借りるようにすべきです。

 

そこで、役立つのが返済シミュレーションです。近年、銀行や消費者金融のホームページには返済シミュレーションのできるツールが備えられており、借入をした場合に毎月いくらの金額を支払っていくのか、いつまで返済が続くのかなどが確認できるようになっています。

 

確実な返済計画を立てる上でも事前の利用が必須なツールと言えます。

 

仮に、返済期日までに返済できないと、遅延損害金を取られるばかりか、延滞が長引けば契約解除になり、その事故情報が信用情報機関に登録されます。

 

事故情報は最低5年間消えることがないため、後に住宅ローンや自動車ローンなどが必要になったとしても、どこの業者からも借入ができなくなります。

返済・借入の際のATM手数料は要確認事項!

次に、カードローンのスペックやシステム、サービスを詳細に確認することです。

 

カードローンは各業者によって特徴やメリットに違いがあります。例えば、金利の数値、借入・返済方法の種類、利用条件、利用できるATMの場所や利用手数料、無利息期間やポイントサービスの有無、毎月の最低返済額など、業者による商品の違いをよく比較した上で、カードローンの利用目的や生活環境に即したものを選ばなければなりません。

 

それと、一番怖いのが借金をしている感覚が薄れることです。お金が足りなくなればいつでもATMから現金を手にできるため、自分の銀行口座から引き出しているかのように錯覚する人がいます。

 

そうなると、借入金が膨張するだけです。特に、カードローンはリボルビング払いになっているため、借入を繰り返すといつまでたっても返済しているのは利息だけで、元金が減らない状態になります。

 

闇金などの悪徳業者からは絶対に借りないこと!

カードローン利用時における注意点の画像

最後に、悪徳業者からは絶対に借りないということです。悪徳業者はお金に困っている人の弱みにつけ込んで暴利を得ることだけを目的としているため、悪徳業者からの借入は破綻が待つだけです。

 

悪徳業者は法律違反をして貸付をしているため、常識は通用しません。正規の会社なら、カードローン借り換え審査などをして、借り換えすることも可能でしょうが、悪徳業者には借り換えして終わられることも、話が通じにくいでしょう。

 

なので、最善の方法は、そのような業者から借入を絶対しないということです。一度借りてしまえば、請求の電話はひどく、会社までしょっちゅう連絡が入ってしまいます。悪徳業者かどうかは、金融庁の財務局登録番号を検索して、あれば問題ありません。

 

安心して借りるなら、知事登録よりも財務局登録のカードローン会社から借りることが良いでしょう。